【講演・セミナー】知的財産権の基礎知識(山口県商工会連合会職員研修) | 山口県/山口市で弁護士を探すなら、山口県弁護士会所属

受付:9時〜20時(平日・土日祝)
費用お見積もり無料 初回相談無料
山口県山口市中央5丁目2−34セントラルビル5階

 

当事務所の牛見和博弁護士が、平成25年度山口県商工会連合会職員研修のうち、下記のテーマを担当いたしましたので、ご報告申し上げます。

 

講 師  牛見和博(弁護士・中小企業診断士・ファイナンシャルプランナー)

テーマ  知的財産権の基礎知識

開催時期 平成25年9月17日(火)

場 所  山口湯田温泉ホテルニュータナカ

対 象  山口県下の商工会職員(勤続年数5年以上)

 

※当日使用したレジュメは以下のとおりです。

 

第1部 知的財産権の基礎知識

第1 概要

1 知的財産とは

2 知的財産権とは

 

第2 特許権(特許法)

1 保護対象

「発明」・・・

特許を受けることができる「発明」とは・・・

2 保護期間

3 国内の手続き

4 外国の手続き

5 留意すべき点(職務発明)

 

第3 実用新案権(実用新案法)

1 保護対象

「考案」・・・

→ 特許との違いは・・・

2 保護期間

3 手続き

 

第4 意匠権(意匠権法) 

1 保護対象

「意匠」・・・

意匠登録を受けることができる「意匠」とは・・・

2 保護期間

3 手続き

 

第5 商標権(商標法)

1 保護対象

⑴ 「商標」・・・

文字商標,図形商標,記号商標,立体商標,結合商標

⑵ 商標登録を受けることができない商標

⑶ 地域団体商標

2 保護期間

3 国内の手続き

4 外国の手続き

 

第6 著作権(著作権法)

1 保護対象

2 保護期間

3 手続き

4 留意すべき点(職務著作)

 

第7 不正競争防止法

1 保護対象

2 保護期間

3 手続き    

 

2部 知的財産権の活用と 権利侵害への対応

第1  知的財産権の活用

1 知財戦略とは

① 事業戦略

② 研究開発戦略

③ 知的財産戦略

 

2 利用形態の類型

⑴ 独占

⑵ ライセンス

⑶ 譲渡

 

3 ノウハウ管理

 

4 特許とノウハウの峻別

① 特許の取得を目指す

② ノウハウとして秘匿する

 

第2 権利侵害への対応

1 差止請求権

2 損害賠償請求権

3 信用回復措置請求権

4 不当利得返還請求権

5 侵害の罪 
 

第3部 山口県の知的財産権をめぐる状況

第1 山口県の知的財産権活用事例

1 株式会社ハイネット

2 海水化学工業株式会社

3 株式会社コプロス

4 株式会社コトガワ

5 有限会社ちふりや工業

 

第2 山口県の知的財産権に関する現状と課題(参考:山口県知的財産基本戦略)

1 知的財産権(特許・実用新案・意匠・商標)出願,登録状況(2012年)

 

2 知的財産の創造に関わる関係機関・人的資源

⑴ 知的財産創造に関わる大学等研究機関

ア 山口大学

イ 公設試験場

① 産業技術センター

② 農林総合技術センター

③ 水産研修センター

⑵ 知的財産の権利化・保護や活用に関わる機関とその取組み

ア ㈲山口ティー・エル・オー(山口TLO)

イ 山口大学産学公連携・イノベーション創出機構 知的財産部門

ウ 山口大学大学院技術経営大学院(MOT)

エ 山口県知的所有センター

オ (社)発明協会山口県支部

カ ジェトロ山口貿易情報センター

⑶ 知財専門人材等の現状

ア 弁理士

イ 弁護士