山口県内でアスベスト(石綿)による被害でお悩みのみなさまへ ~職場でのアスベスト被害について労災認定が認められる内容の判決が確定しました~ | 山口県/山口市で弁護士を探すなら、山口県弁護士会所属

受付:9時〜20時(平日・土日祝)
費用お見積もり無料 初回相談無料
山口県山口市中央5丁目2−34セントラルビル5階

教諭だった男性が職場である校舎の改修中に飛散したアスベスト(石綿)を吸ったため死亡したとして妻が国を相手に労災認定を求めていた裁判で、名古屋高裁が遺族に労災認定を認めた判決(2018年4月11日)が確定しました。

 

この判決では、石綿に関する国の労災認定基準「石綿を吸う作業に1年以上従事」を下回る約8か月の期間で労災認定がなされました。
国の基準を満たさず労働基準監督署に労災と認められないような場合であっても、関連疾患(中皮種、肺がん、石綿肺、びまん性胸膜肥厚等)に関してアスベスト(石綿)吸引以外に原因が見当たらない限り、短期間または低レベルであっても業務起因性が認められる可能性が開かれました。

 

 

当事務所では、アスベスト(石綿)被害による労災認定のほか、アスベスト(石綿)被害についての損害賠償請求の相談も受けつけております。

 

当事務所は、山口市の弁護士・法律事務所であり、山口県全域、山口市、宇部市、防府市、萩市、下松市、岩国市、光市、長門市、下関市、 柳井市、美祢市、周南市、山陽小野田市、大島郡、玖珂郡、熊毛郡、阿武郡、その他に対応しており、事案によっては無料出張相談もいたしますので、山口県内で石綿(アスベスト)による被害でお悩みの方、お気軽にお問合せください。

 

 

お問合せはこちらからどうぞ
 ●弁護士法人牛見総合法律事務所

 

アスベスト(石綿)賠償金に関して詳しくはこちらをご覧ください
 ●弁護士法人牛見総合法律事務所 アスベスト(石綿)賠償金

 

アスベスト被害に関する詳しい情報はこちら
 ●厚生労働省HP「アスベスト(石綿)情報」

 ●厚生労働省HP「特別遺族給付金」

 

 

参照元記事
校舎石綿で労災認定 遺族の逆転勝訴が確定 (日本経済新聞2018年4月26日) 
 教諭だった愛知県の男性(当時64)が中皮腫などで死亡したのは校舎内のアスベスト(石綿)が原因だとして、遺族が国に労災認定を求めた訴訟で、遺族の逆転勝訴が26日、確定した。上告期限の25日までに国が上告をしなかったため。遺族の弁護団によると、校舎内で石綿にさらされた問題で教員の労災を認める判決が確定するのは初めてとみられる。
 11日の二審・名古屋高裁判決は、男性が働いていた校舎内で石綿の粉じんが飛散していたことと、中皮腫の発症について因果関係を認定。遺族の請求を棄却した一審判決を取り消した。

 

教諭石綿労災、逆転認定 学校改修中に吸引 名古屋高裁判決(毎日新聞2018年4月12日) 
愛知淑徳中学・高校(名古屋市千種区)の教諭だった男性が死亡したのは校内で飛散したアスベスト(石綿)を吸ったためとして、妻が国を相手に労災認定を求めた訴訟の控訴審で、名古屋高裁(藤山雅行裁判長)は11日、請求を棄却した1審・名古屋地裁判決(2016年11月)を取り消し、訴えを認める逆転判決を言い渡した。【野村阿悠子】
 石綿に関する国の労災認定要件は中皮腫について「石綿を吸う作業に1年以上従事」としており、1審判決は要件を根拠に請求を退けた。これに対し藤山裁判長は「1年以上との設定は十分な医学的根拠に基づくものと言えない」と指摘した。原告弁護団によると、労災認定要件に合理性が認められないとした司法判断は初めて。 (以下省略)