新着情報 | 山口県/山口市で弁護士を探すなら、山口県弁護士会所属

平日:9時〜12時、13時〜18時
費用お見積もり無料 初回相談(平日)無料
山口県山口市中央5丁目2−34セントラルビル5階
新着情報 一覧

当事務所の代表である牛見和博が、令和3年度山口県スポーツ指導者中央研修会(主催:公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人山口県体育協会、山口県スポーツ指導者協議会)において、下記のテーマで講師を務めましたので、ご案内申し上げます。

 

講 師  牛見和博(弁護士・中小企業診断士)

テーマ  スポーツ指導者が身につけておくべき倫理と法知識

日 時  令和3年6月26日(土)

場 所  パルトピアやまぐち 防長青年館 大ホール(2F)

当事務所の代表である牛見和博が、大阪中小企業投資育成株式会社・九州支社主催の企業経営者・経営幹部向けセミナー『持続可能な企業構築』において、下記のテーマで講師を務めましたので、ご案内申し上げます。

 

講 師  牛見和博(弁護士・中小企業診断士)

テーマ  Withコロナ時代における人材確保と定着のための働き方改革

日 時  令和3年6月1日(火)

場 所  徳山駅前図書館 3階「交流室1」

令和3年5月18日、建設アスベスト訴訟に関して、国と建設アスベスト訴訟原告団・弁護団との間で「基本合意書」が締結されました。

 

この基本合意書により新たに救済される方は、概ね以下のとおりです。

 

(1)各原告(石綿関連疾患に罹患した当事者。石綿関連疾患に罹患後に死亡した者の相続人を当事者とする事案にあっては、その死亡者。以下同じ。)(労働者並びに一人親方及び労災特別加入制度の加入資格を有する中小事業主)が、以下に記載する作業(最高裁判決及び確定した高裁判決で認められた作業とする。)及び国の責任期間において、石綿粉じんに曝露したこと

 

ア  屋内建設作業(屋内吹付作業も含む)に従事した者にあっては、

 昭和 50 年10 月1日から平成 16 年9月 30 日までの間

 

イ 吹付作業に従事した者にあっては、

 昭和 47 年 10 月1日から昭和 50 年9月 30 日までの間

 

(2)各原告が、(1)によって、石綿関連疾患(石綿肺、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚、良性石綿胸水など)に罹患したこと

 

(3)民法第 724 条所定の期間制限を経過していないこと

 

(4)石綿関連疾患に罹患後に死亡した者の遺族を当事者とする事案にあっては、当該遺族が、当該死亡者の相続人であること

 

また、これによる賠償額は、石綿関連疾患の病態に応じて、概ね550万円~1300万円(+10%の弁護士費用)となっております。

 

当事務所では、アスベスト(石綿)被害による労災認定のほか、アスベスト(石綿)被害についての損害賠償請求の相談も受けつけております。

 

当事務所は、山口市の弁護士・法律事務所であり、山口県全域、山口市、宇部市、防府市、萩市、下松市、岩国市、光市、長門市、下関市、 柳井市、美祢市、周南市、山陽小野田市、大島郡、玖珂郡、熊毛郡、阿武郡、その他に対応しており、事案によっては無料出張相談もいたしますので、山口県内で石綿(アスベスト)による被害でお悩みの方、お気軽にお問合せください。

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き感染拡大の防止が求められており、専門家会議においては「新しい生活様式」が提言されています。そこで、当事務所は、新型コロナウイルスに関して、以下のとおり対応いたします。

 

1 対面の機会を減らすべく、電話相談、あるいは、Zoom(ズーム)、Skype(スカイプ)、FaceTime(フェイスタイム)などを利用したオンライン相談などに対応いたします。

 なお、電話相談・オンライン相談などは、必要に応じて来所いただける方に限り対応させていただきます。遠方などで来所いただけない方については、原則として電話相談・オンライン相談などはお受けしかねますので、ご了承ください。

 

2 感染拡大防止のため、面談室にはアクリル板を設置しています。また、全スタッフにおいて感染予防策(手洗い、ドアノブなどの拭き取り清掃、換気、マスク着用)を徹底いたします。来所される方においても感染予防策をお願いいたします。

 なお、発熱等の症状がある方、濃厚接触者と疑われる方については、大変申し訳ありませんが来所をお断りさせていただきます。

 

以上となります。詳しくは当事務所までお問合せください。

当事務所は、開設からもうすぐ7年となりますところ、新たに、德稲康幸弁護士を迎え入れましたことをご報告申し上げます。

 

德稲弁護士は、京都大学理学部物理系出身であり、プログラマとして家庭用ゲーム機用のゲームの制作、システムエンジニアとして銀行・証券会社向けのシステム開発等を行うなど、プログラマ・システムエンジニアとして10年以上の経験を積んでおります。

 

そして、IT業界において、開発のみならず、管理職・営業の経験もあり、また、その中で報われない従業員や下請け企業等を見てきており、企業とその従業員の助けになりたいという強い気持ちを有しております。

 

今回の德稲弁護士の加入により、当事務所は、弁護士6名、臨床心理士・公認心理師1名、パラリーガル・事務スタッフ8名、営業1名、合計16名の体制となりました。

 

今後もみなさまの幸せをサポートできるよう、弁護士・スタッフの計画的な増員を行いながら、「山口県一アクセスしやすく相談しやすい法律事務所」を目指し、高品質で満足のいくサービスを提供してまいります。

山口県内の企業経営者のみなさま「民法改正対応」はお済みでしょうか。

 

民法(債権関係)は、約120年ぶりの大改正がなされ、2020年4月1日から施行されます。

 

 

企業経営に影響を与える項目も多数あり、その中でも「保証に関する見直し」は非常に重要です。

 

対応を誤ると、せっかく保証人をお願いしたのに、それが無効になってしまうことがあります。

 

 

大きくは下記の3つの項目であり、契約書や契約手続きの見直しなどが必要になります。

 

1 包括根保証の禁止の対象拡大
 → 極度額の定めが必要

 

2 事業用融資における第三者保証の制限
 → 公証人による意思確認手続きが必要

 

3 各種の情報提供義務
 → 主債務者の財務状況等(保証のリスク)、主債務者が期限の利益を喪失した場合、主債務者の履行状況

 

 

例えば、

・不動産賃貸借契約書の保証
・売買・委託その他の取引基本契約書の保証
・介護施設・医療施設(病院)などの保証(身元保証)
・従業員の雇用契約時の保証(身元保証)

などは、基本的に全て見直す必要があります。

 

 

弁護士法人牛見総合法律事務所は、山口県山口市の法律事務所であり、約70の企業・団体の顧問弁護士を務めております。

 

民法改正対応サポートについては、みなさまの会社のニーズに応じて、顧問サービス、又は、スポット契約をお選びいただけます。詳しくは当事務所までお問合せください。

当事務所は、開設からもうすぐ4年となりますところ、昨年12月15日、新たに、戸田健司弁護士(大阪府出身・29歳)を迎え入れましたことをご報告申し上げます。

 

戸田弁護士は、大阪府立北野高等学校・神戸大学法学部を卒業、神戸大学ロースクールを修了し、司法試験に優秀な成績で合格いたしました。その後、1年間の司法修習を経て、このたび、当事務所へ合流する運びとなりました。

 

戸田弁護士は、中学・高校と空手道に邁進する中で、自らの役割を重んじる気質を身に付けております。当事務所においては、依頼者の幸せのために全力で案件に取り組むのはもちろんのこと、大阪人らしい本場のツッコミで、当事務所に新たな笑いと活力をもたらしてくれるものと期待しております。

 

今回の戸田弁護士の加入により、当事務所は、弁護士5名(男性4名、女性1名)、事務員・パラリーガル8名(正社員4名、パート4名)、営業1名、合計14名の体制となりました。

 

今後もみなさまの幸せをサポートできるよう、弁護士・スタッフの計画的な増員を行いながら、「山口県一アクセスしやすく相談しやすい法律事務所」を目指し、高品質で満足のいくサービスを提供してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

当事務所は、本年6月15日より、新たに、近藤裕起弁護士(愛媛県松山市出身・27歳)を迎え入れました。

 

近藤弁護士は、中央大学法学部を卒業し、神戸大学法科大学院を修了後、司法試験に優秀な成績で合格いたしました。1年間の司法修習後は、愛媛県にて弁護士をしておりましたところ、縁あって、今般、当事務所へ合流する運びとなりました。近藤弁護士はスポーツを趣味とする爽やかな好青年であり、これまでになかったキャラクターとして、当事務所での活躍を期待しております。

 

今回の近藤弁護士の加入により、当事務所は、弁護士4名(男性3名、女性1名)、事務員・パラリーガル5名(フルタイム2名、パート3名)、営業1名、合計10名の体制となりました。

 

今後もみなさまの幸せをサポートできるよう、弁護士・スタッフの計画的な増員を行いながら、「山口県一アクセスしやすく相談しやすい法律事務所」を目指し、高品質で満足のいくサービスを提供してまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

当事務所は、本年1月5日より弁護士法人化しておりますところ、3月1日より、新たに、塩田菜穂子弁護士(山口県出身)を迎え入れました。

 

塩田弁護士は、山口高校・山口大学経済学部を卒業後、社会人経験を経て弁護士を志し、広島大学法科大学院を修了後、司法試験に合格いたしました。そして、1年間の司法修習を終え、今般、当事務所へ合流する運びとなりました。

当事務所で初めての女性弁護士として、新たな風を吹き込んでくれるものと期待しております。

 

今回の塩田弁護士の加入により、当事務所は、弁護士3名(男性2名、女性1名)、事務員・パラリーガル5名、営業1名の体制となりました。

 

今後もみなさまの幸せをサポートできるよう、弁護士・スタッフの計画的な増員を行いながら、「山口県一アクセスしやすく相談しやすい法律事務所」を目指し、高品質で満足のいくサービスを提供してまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

当事務所は、さらなるサービス向上のため、平成27年1月5日をもって法人化し、名称を「弁護士法人牛見総合法律事務所」と改めました。

 

今後も山口県のみなさまの幸せをサポートできるよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。