新着情報 | 山口県/山口市で弁護士を探すなら、山口県弁護士会所属

受付:9時〜20時(平日・土日祝)
費用お見積もり無料 初回相談無料
山口県山口市中央5丁目2−34セントラルビル5階
新着情報 一覧

2019年8月10日(土)~18日(日)まで、夏季休業とさせていただきます。

 

なお、LINE・メールによる受付は、休業中も行っております(なお、折り返しは2019年8月19日(月)以降となります)。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

山口県内の企業経営者のみなさま「民法改正対応」はお済みでしょうか。

 

民法(債権関係)は、約120年ぶりの大改正がなされ、2020年4月1日から施行されます。

 

 

企業経営に影響を与える項目も多数あり、その中でも「保証に関する見直し」は非常に重要です。

 

対応を誤ると、せっかく保証人をお願いしたのに、それが無効になってしまうことがあります。

 

 

大きくは下記の3つの項目であり、契約書や契約手続きの見直しなどが必要になります。

 

1 包括根保証の禁止の対象拡大
 → 極度額の定めが必要

 

2 事業用融資における第三者保証の制限
 → 公証人による意思確認手続きが必要

 

3 各種の情報提供義務
 → 主債務者の財務状況等(保証のリスク)、主債務者が期限の利益を喪失した場合、主債務者の履行状況

 

 

例えば、

・不動産賃貸借契約書の保証
・売買・委託その他の取引基本契約書の保証
・介護施設・医療施設(病院)などの保証(身元保証)
・従業員の雇用契約時の保証(身元保証)

などは、基本的に全て見直す必要があります。

 

 

弁護士法人牛見総合法律事務所は、山口県山口市の法律事務所であり、約70の企業・団体の顧問弁護士を務めております。

 

民法改正対応サポートについては、みなさまの会社のニーズに応じて、顧問サービス、又は、スポット契約をお選びいただけます。詳しくは当事務所までお問合せください。

当事務所の代表である牛見和博が、明日花シングルカフェ(主催:認定NPO法人山口せわやきネットワーク)において、下記のテーマで講師を務めましたので、ご報告申し上げます。

 

講 師  牛見和博(弁護士・中小企業診断士)

テーマ  養育費・面会交流など

日 時  令和元年6月16日(日)13時~15時

場 所  山口県母子・父子福祉センター

当事務所は、開設からもうすぐ4年となりますところ、昨年12月15日、新たに、戸田健司弁護士(大阪府出身・29歳)を迎え入れましたことをご報告申し上げます。

 

戸田弁護士は、大阪府立北野高等学校・神戸大学法学部を卒業、神戸大学ロースクールを修了し、司法試験に優秀な成績で合格いたしました。その後、1年間の司法修習を経て、このたび、当事務所へ合流する運びとなりました。

 

戸田弁護士は、中学・高校と空手道に邁進する中で、自らの役割を重んじる気質を身に付けております。当事務所においては、依頼者の幸せのために全力で案件に取り組むのはもちろんのこと、大阪人らしい本場のツッコミで、当事務所に新たな笑いと活力をもたらしてくれるものと期待しております。

 

今回の戸田弁護士の加入により、当事務所は、弁護士5名(男性4名、女性1名)、事務員・パラリーガル8名(正社員4名、パート4名)、営業1名、合計14名の体制となりました。

 

今後もみなさまの幸せをサポートできるよう、弁護士・スタッフの計画的な増員を行いながら、「山口県一アクセスしやすく相談しやすい法律事務所」を目指し、高品質で満足のいくサービスを提供してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

当事務所は、本年6月15日より、新たに、近藤裕起弁護士(愛媛県松山市出身・27歳)を迎え入れました。

 

近藤弁護士は、中央大学法学部を卒業し、神戸大学法科大学院を修了後、司法試験に優秀な成績で合格いたしました。1年間の司法修習後は、愛媛県にて弁護士をしておりましたところ、縁あって、今般、当事務所へ合流する運びとなりました。近藤弁護士はスポーツを趣味とする爽やかな好青年であり、これまでになかったキャラクターとして、当事務所での活躍を期待しております。

 

今回の近藤弁護士の加入により、当事務所は、弁護士4名(男性3名、女性1名)、事務員・パラリーガル5名(フルタイム2名、パート3名)、営業1名、合計10名の体制となりました。

 

今後もみなさまの幸せをサポートできるよう、弁護士・スタッフの計画的な増員を行いながら、「山口県一アクセスしやすく相談しやすい法律事務所」を目指し、高品質で満足のいくサービスを提供してまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

当事務所は、本年1月5日より弁護士法人化しておりますところ、3月1日より、新たに、塩田菜穂子弁護士(山口県出身)を迎え入れました。

 

塩田弁護士は、山口高校・山口大学経済学部を卒業後、社会人経験を経て弁護士を志し、広島大学法科大学院を修了後、司法試験に合格いたしました。そして、1年間の司法修習を終え、今般、当事務所へ合流する運びとなりました。

当事務所で初めての女性弁護士として、新たな風を吹き込んでくれるものと期待しております。

 

今回の塩田弁護士の加入により、当事務所は、弁護士3名(男性2名、女性1名)、事務員・パラリーガル5名、営業1名の体制となりました。

 

今後もみなさまの幸せをサポートできるよう、弁護士・スタッフの計画的な増員を行いながら、「山口県一アクセスしやすく相談しやすい法律事務所」を目指し、高品質で満足のいくサービスを提供してまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

当事務所は、さらなるサービス向上のため、平成27年1月5日をもって法人化し、名称を「弁護士法人牛見総合法律事務所」と改めました。

 

今後も山口県のみなさまの幸せをサポートできるよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

当事務所は、本年11月1日、新たに、藤井貴之弁護士(兵庫県加古川市出身・26歳)を迎え入れました。

 

藤井弁護士は、神戸大学法科大学院を修了後、司法試験に弱冠24歳でストレート合格し、平成25年12月に弁護士法人あさひ法律事務所(兵庫県弁護士会)に入所し活躍をしておりましたところ、当事務所の法的サービスの充実・強化のため、今般、当事務所へ合流する運びとなりました。

 

今回の藤井弁護士の加入により、当事務所は、弁護士2名、事務員・パラリーガル5名、営業1名の体制となりました。今後もみなさまの幸せをサポートできるよう、弁護士・スタッフの計画的な増員を行いながら、山口県一相談しやすい法律事務所を目指し、高品質で満足のいくサービスを提供してまいりたいと存じます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

当事務所が担当いたしました、B型肝炎給付金訴訟において、山口県内の裁判所では初めて、国との和解が成立しました。今回の和解により、患者様には、合計3744万円の給付金が支払われることとなります。

 

山口県内では初めてということもあり、テレビではNHK、KRY、TYSに取り上げていただきました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、中国新聞、共同通信社、宇部日報社など、数多くのマスコミの取材も受けております。

 

B型肝炎に持続感染している方であれば、症状が出ていないキャリアの方も給付金の対象となる可能性がありますので、まずは一度、気軽にお問い合わせください。

 

1525227_474765412623974_1932244584_n

当事務所主催で行われました「自分と家族を守るB型肝炎情報セミナー」の様子が、平成26年2月5日のNHK総合「情報維新!やまぐち」にて放送されました。

 

当日は、大変寒い日であったにも関わらず、80名近くの方が来場され、日髙勲先生(山口大学医学部附属病院・肝疾患センター助教)による「B型肝炎の診断と治療」と題する講演、当事務所代表の牛見和博(弁護士・中小企業診断士・ファイナンシャルプランナー)による「B型肝炎に関する医療費助成と給付金制度」と題する講演を、熱心に聞いておられました。

 

集団予防接種等によってB型肝炎になった方に対する給付金制度(B型肝炎給付金訴訟)に関する情報は、まだまだ山口県内に行き渡っているとはいえない状況です。

 

当事務所は、今後も山口県内各地で、B型肝炎給付金制度をはじめ、B型肝炎に関する情報を提供していきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

なお、B型肝炎給付金に関するQ&Aは、以下のとおりです。

http://www.ushimi-law.jp/p25-qa/index4.html

 

DSC_1005